WP Super Cacheを入れた

WordPressサイトの表示速度を速めるために、プラグインを削除したり色々と細かいチューニングをしている。Lighthouseでパフォーマンスの点数を見てみると、画像をキャッシュしろだの色々と言われる。できればなるべくネイティブな状態のWordPressにしていたいと思っていて、プラグインも0個がベスト、と考えているのだけれどさすがにプラグイン0個は難しい。他にできることは何だろうと考えた末にたどり着いたのが定番のキャッシュプラグインだった。以前からキャッシュプラグインは毛嫌いしていた。最新の状態がリアルタイムで反映されない可能性が大いにあるからだ。まぁそれがキャッシュプラグインなのだけれど…。

WordPressのキャッシュプラグインを探すと色々と出てきて、なるべく設定がシンプルなものがいいので選んだのはWP Super Cacheだ。

WP Super Cache

Automattic社製なので何かと安心。開発も放置されることは無いと思われる。

ダウンロードしてインストールして有効化。設定も推奨っぽい内容にした。数日は様子見をしようと思う。体感速度的には一度キャッシュしたページは速い…かな?ただこれ、誰かがページにアクセスしないとキャッシュは作成されないみたいで、キャッシュ削除後に一番初めに未キャッシュページにアクセスしたユーザーは若干だがページの読み込みを待つ時間が発生するのが気になる。「キャッシュの再生成」みたいなのってcronでも走らせないとできないのだろうか。細かく見ていないからもしかしたらそういう機能があるのかも知れないけど。

WP Super Cacheはメインブログとこのサブブログに適用したので効果があれば継続、無ければ削除する予定。表示速度を速めるためにプラグインを削除しまくったがキャッシュプラグインを入れて本末転倒な気もする。

ちなみに画像のキャッシュや圧縮もLighthouseに勧められるがざっと調べた感じだとWebPなどに変換するプラグインを導入するかローカル環境でフォーマットをいちいち変換しないといけないので面倒。画像キャッシュや圧縮系は一旦見送り。